Kai power Original
全長調整式スタビライザーリンクPRO(ASL-P)
Length Adjustable Stabilizer Link Pro

TYPE-L ロングタイプ

TYPE-S ショートタイプ


モデルチェンジ!グレードアップモデルの登場です!!
スーパーローダウン対応の全長調整式スタビライザーリンクが完成しました!!
調整幅はスーパーワイド100mm!!

更にボールジョイント構造を従来品より強化!!
ステンレス304-12Φロングシャフトを使用!!
対応車種を大幅追加!!
この仕様で低価格販売を実現しました!!

※略してASL-Pと呼んでください!!

※商品内容をご理解頂ける様に出来るだけ解り易く説明しています。必ず最後までご覧になってください!


KaipowerOriginal
全長調整式スタビライザーリンクPRO(ASL-P)

通常販売価格:
¥21,000(消費税込)
今ならどの車種も!どのタイプでも!
          ↓↓↓
特別販売価格:
¥19,950(消費税込)!!


TYPE-L(ロングタイプ) (品番○○-1-L-PRO)
調整幅 0mm〜+100mm


TYPE-S(ショートタイプ) (品番○○-1-S-PRO

調整幅 0mm〜−50mm

※上記寸法は純正スタビライザーリンク全長を基準にて表示。
※TYPE-Sは調整幅 0mm〜−50mm以下になる車種も有ります。(車種一覧表-参考)
※品番の○○の箇所には車輌形式が表記されています。
詳しくは下記の
車種一覧表をご覧頂き品番を御指定の上、ご注文ください。


KIT内容
全長調整式スタビライザーリンクPRO フロント用左右セット(2本=1セット)
取り付け用ナット・ワッシャー一式
カラー画像付き取扱い説明書

【商品説明】
■スタビライザーリンクって何???
サスペンションアームとスタビライザーを連結している連結ロッドです。



■スタビライザーって何???
旋回時のロール(車体の傾き)を抑えるパーツです。

■ローダウンにおけるノーマルスタビライザーリンクの特徴。
車高調ダンパー・ダウンサス・エアサスなどで車高を低くした場合、ボディに固定されている
スタビライザーの位置も同じく低くなります。


このためスタビライザーが基準値よりも起き上がり過度の角度が付いてしまいます。
(基本はノーマル位置が理想です。)

スタビライザーリンクにも無理な突き上げ負荷が常に掛かります。
よってスタビライザーとスタビライザーリンクの性能が低下します。





上記スタビライザー位置図
青-ノーマル車高での位置/角度 
赤-ローダウン時での位置/角度
不具合な事例

◇ロール量の増大
◇車輌の不安定感の増大
◇リンク始点部への無理な突っ張り・過負担・消耗
◇乗り心地の悪化(突き上げ感等)・ドライブシャフトへの接近等












■ダンパーやサスを変えたけれど納得いかない・なんとなく不安定・突き上げが辛い。
異音がするなど思っているオーナー様も多いと思います。

車高を低くするとスタビライザーリンクの長さが適正値でなくなり、長さを調整出来ないためにスタビライザーの角度が大きく変化したからです。
スタビライザーの角度が大きく変化するとスタビライザーリンク自体に無理な負荷が掛かります。
ですから突き上げ感やボールジョイントの異音等が発生しやすいのです。

 



↓↓↓『全長調整式スタビライザーリンクPRO(ASL-P)とは↓↓↓


■当店パーツは、全長を調整可能にしたスタビライザーリンクです!
スタビライザーリンクを車輌に合った長さに調整する事により
スタビライザーの性能を最大限に発揮させ車輌を安定させるパーツです。
調整幅は100mmとワイドな設計になっておりスーパーロースタイルの車両にも対応しています。

主にローダウンスプリングなどで車高を下げた場合にご使用ください。

■H○S・TE○Nなど社外品付属ショートスタビライザーリンクの代換品してご使用可能!
社外製品よりも調整幅もワイドでセッティングが容易です。
純正メーカー同様のボールジョイントなので、可動角度・耐久性は十分に御座いますのでご安心ください。

■調整式スタビライザーリンクは、車輌の車高に合わせた細かな調整が可能です!
スタビライザーリンク全長を車高に合わせて、適切な長さにセット可能なのでサスペンション性能を100%引き出すことが可能です。
車高調ダンパー・ダウンサス・エアサスを装着した車両には必需品です!!
スタビライザーリンクのトラブルでお悩みの方には、自信をもってお勧め出来る商品です!!

ご注文の際は以下を
必ずご確認ください!!

ストラットASSYとスタビライザーが連結しているタイプの構造で、ローダウンの車両。

純正スタビライザーリンクを使用するタイプのストラット(足廻り構造)の場合は、基本的に全長を延長する必要が御座います。
TYPE-L(ロングタイプ)(品番○○-1-L-PRO)←調整幅-純正スタビリンク寸法 約0mm〜+100mmをご選択ください。

ノーマル車高でのスタビライザー位置     ●青-ローダウン車高で純正スタビライザー装着時のスタビライザー&リンク位置
                            
赤-ローダウン車高で当社スタビライザーリンク装着時のスタビライザー&リンク位置 

基本的なスタビライザー&スタビライザーリンク作動図

車高を落とすことによりボディが下がります。
↓↓↓                 ↓↓↓
ボディに固定されているスタビライザー位置も下がります。
↓↓↓                 ↓↓↓
スタビライザーリンクに引張られスタビライザーが起き上がります。
↓↓↓                 ↓↓↓
スタビライザーの角度が大きく変化します。
又リンクのボール部への無理な突っ張りも発生します。
↓↓↓                 ↓↓↓           
↓↓↓                 ↓↓↓           

全長調整式スタビライザーリンクを装着!!
↓↓↓                 ↓↓↓           
↓↓↓                 ↓↓↓           

全長&スタビライザー角度補正して解決!!


【注意事項】
※説明の様に純正スタビライザーリンクを使用するタイプのダンパー・サスキットを使用の際は、
TYPE-L(ロングタイプ)を選択が基本スタイルになります。
ローダウンすればスタビライザーリンクも短くすると間違った解釈をされる場合があります。
TYPE-S(ショートタイプ)使用する場合は以下の通りです。
社外製の専用ショートスタビライザーリンクを使用している。
フルタップ式車高調ダンパー使用でリンクブラケット位置が変更されている。
フルタップ式車高調ダンパー使用でリンクブラケット位置が可動してしまう構造。
など特殊な場合のみタイプSを選択します。
◎ご注文の際は、お間違えの無いようにご注意ください。



オーダーメイド・一品製作も可能です。


特注製作でも、なんと同価格の¥21,000→¥19,950で製作可能です!!
※特殊構造の場合は追加金額が発生する場合も御座います。
 
◎オーダーメイドにて、ご注文の際は以下の3点をご指定ください。
1-スタビライザーリンクの上下ボルトセンター間の希望最大寸法と最小寸法をご指定ください。(調整幅は0mm〜100mmの間でお願いします)
※TYPE-S(ショートタイプ)指定で最小寸法が280mm以下を希望の場合のみ調整幅は0mm〜90mm以下になります。
(ご指定の最小寸法値により調整幅は異なりますので、設計・見積もりの際にお伝えいたします)
2-スタビライザーリンクボルト部の寸法(10mm・12mmのいずれかを選択)
※ネジ長さの選択は不可(ボルト長さ27mm統一になります)

3-装着車輌の詳細をご連絡お願い致します。
車輌名称
2WD/4WDのいずれかを指定
年式
形式
以上をご連絡ください。






全長調整式スタビライザーリンク適応車種一覧表】←はこちら!!

◎ご注文の際は、商品品番と念のため装着車輌の詳細をご連絡お願い致します。
商品品番
車輌名称
2WD/4WDのいずれかを指定
年式
形式
以上をご連絡ください。

ご注文はご注文はこちらです!!をクリックしてください。


元祖!低価格&ベストセラーの人気モデル!
全長調整式スタビライザーリンク(ASL)←はこちらをご覧ください!!

※こちらは純正スタビライザーリンクSTYLE 調整幅50mmのスタンダードモデルになります。

※以下のタイプは構造が異なるため装着・製作出来ませんのでご了承ください。

※当社ホームページと類似したWebサイト・出品オークションが御座いますが、Kai powerとは一切、関係は御座いません。
お問い合わせは、Kai power
Kaipower@m17.alpha-net.ne.jp掲示板2までお願いします。
商品に関しての取り付け方法・質問事項・チューニングに関して等、何でもご遠慮なくごお問い合わせ下さい。
お客様のお車に合ったチューニング方法をアドバイス致します。


inserted by FC2 system