Kai power
AE86レビン N2復活製作ストーリー

Vol.21 2007年走行編−2
今回は完璧???!!の巻

5/11日セントラルサーキット練習走行です。
久々の走行なのでワクワクドキドキです。って言うかトラブル無く30分目一杯走りたいです。
今回は前回走行の問題点を色々対策しました。

●キャブレターのオーバーフロー対策
この対策方法はごめんなさい。教えられませんです・・・・・。
対策案に毎晩寝ずに考え、酒のつまみ代わりに考え、仕事ほったらかしで考えたので・・・・。
とりあえず秘密です。ごめんなさい。

●燃料片寄り防止のためコレクタータンク設置

●燃欠防止のためニスモ電磁ポンプ2基を追加設置+燃料配管改造。

●AE111クラッチマスターに交換。

●TRDタイプリャスポイラー取り付け。

以上です。
足廻りのセットは前回のままです。
ただタイヤの溝があまり無いのが気になりますが・・・・。(平均で5部山ぐらいかな〜)

●走行1本目
いきなりタコ足割れのため排気漏れ。
続いてマフラー太鼓も割れ+グラスウール放出
このためほぼ、直管マフラーになりました。
当然走行中断・・・・。
タコ足の割れはいつかは・・・・と予測していたのですがマフラーまで死んでしまうとは・・・・。
新品なのに・・・・・やはり9000rpm近く回すと振動すごいのね。

●2本目
溶接修理はサーキットでは出来ません。仕方ないので排気漏れ直管仕様で走行。
ストレートはやっぱり伸びません。+今日は太陽さんがサンサンと輝いているので気温も高くこの影響もあり。
ストレートスピードで約5キロ減です。
キャブは予測的中!!良い感じです。コーナーも踏めます。
シフトの入りが悪かったのも改善!!
さぁこれからタイムアタックしょうと思ったらエンジンルームから異音が・・・・・
ピットインしてエンジンルームを確認したら今度は振動でオルタネーター固定ブラケットのネジが緩んでしました。
やはり各所、振動対策しないといけません。
ボルトを締め直しベルト張り調整をしていたら2本目も終了・・・・。
はっきり言ってほとんど走ってませ〜〜ん!!

●3本目
このパターンはもう慣れましたので動揺しません。
タイヤの溝も残り少ないので3.4周のアタックに賭けます。
開き直り走行が良かったのかいきなり1分31秒5が出ました。
今回は楽に31秒中盤から32秒前半走行が出来た。
やっぱりオーバーフローのコーナー息尽きとシフト入らない現象の2点が直ったのが非常に大きいと実感!!
ドライバー自体は大して進歩していないので今後は練習とタイヤが良い状態なら30秒前半は楽に出そうな予感。
目標の29秒台も見えてきた感じです。
トラブルもこれ以上は無いと思う???ので次回の走行はマジモードで練習です。


セントラルサーキット走行の場合、1周約1.5L以上、燃料をお食べになってるみたいです。
タンク容量は約19Lなので10周レースですとギリギリです。
岡山国際サーキットなら確実にガス欠ですね。
19Lタンクならコレクタータンク無しでコーナー片寄り燃欠症状は出ないかな??と思っていましたがやはり1/4以下になると出ていましたね。
なので4L大容量のコレクタータンクを設置しました。
メインポンプにHOLLY大容量ポンプ1基
コレクタータンクからキャブまでニスモポンプ並列2基設置。
OER燃圧レギュレーターで0.3キロに減圧します。
吐出量実測して計算上では230馬力までは足りそうです。
今はテスト用のエンジンで高出力仕様では無いので十分足ります。
キャブの場合はEFIポンプを減圧するのでなくキャブ専用ポンプが一番です。
吐出量・燃圧も安定して一番良いですね。

今回はAE111用を流用しました。
インナーシリンダーはアルテッツアと同じなので容量はOKです。(アルのマスターシリンダーは歪な形状なので使いませんでした。)
画像上−AE111改
画像下−AE86

見かけだけのTRDスポイラー???です。
3ドアではこのパターン見かけますが2ドアでは見かけません。だから付けてみたかっただけです。
ついでにGTウイング全体を後方にずらしてオーバーハング効果を狙います。
とりあえず見た目はGOODですね〜。

セントラルサーキットはほとんどのコーナーが時計廻りのため左側タイヤが異常に減ります。
A048はさらに減りやすいタイヤなので正直、辛いです。
Mコンパウンドですがこの様です。(正直少し前のSコンパウンドと思っていただいて良いでしょう)
でもこのタイヤはロングセラーですが最高に良いタイヤです。
タイム習うならコイツですね〜。
それとA048は特性的にタイヤ中央が良く減ります。中央はスリップサイン以下です。
タイヤ内側5部山・中央1部山・外側2〜3部山って感じです。
2レース+練習走行ですぐこれぐらい減ります。超不経済なタイヤです。
ここまで減るとすぐにワイヤーが「飛び出てジャジャジャジャ〜ンbyはくしょ〜ん大魔王〜」と剥離します。なので走行には注意してね。 
って言うか走行してもタイム期待できませんです・・・・。  
       

右側のタイヤは最高に山アリアリです。
左側との差は何なんだ〜って感じですね。まるでオーバルコースを走ったんじゃ無いのにね。
逆履きローテーシヨンで経済的に走行するしか有りません。以外と結構走れますよ。
お金のある人は新品買って走って下さいませ。 
前ページ 次ページ

トップページ ストーリートップ

inserted by FC2 system