Kai power
AE86レビン N2復活製作ストーリー

Vol.8 '04仕様 製作始動〜!!
やっと造るんかいっ!!の巻

やっとKai power AE86 N2号、製作始動です。
02年、03年は色々と忙しくほとんど手付かずで放置状態でした。ご覧の皆様、申し訳御座いませんでした。
当初は02年仕様製作予定だったんですね〜。一年分、丸ごとワープですね。
実は去年の年末からコツコツ合間を見ては製作しています。
02仕様の時はフレーム補強を施す予定は無かったのですが03年よりお店をOPENしたので、あまりにも貧弱な86ではお恥ずかしいのでこの機会に少し気合いを入れて製作しております。
後日、補強に関する詳しい説明や補強のポイント、ガセットBOXの簡単な製作方法等も説明したいと思っています。
とりあえず、近状報告と主だった補強ポイントを今回、ご紹介しておきます。
04仕様のテーマは
1-『金を賭けずに手間は賭ける』
2-『ボディは軽く製作する』
3-『お客様の車では出来ないオリジナル的なマシンを造る』
4-『固定観念に捕らわれない独自の発想でマシンを造る』
5-『エンジンはブチ切れ仕様???でいくべし!!』
現在の所、こんな感じでしょうか? この機会なので自分好みに製作する予定です。

ボディのほとんどにスポット増しを施しサブフレーム化しています。
良く見かける15点式やそれ以上のロールバーによる補強は今回は行いません。とにかくボディが重くなる。それは絶対にイヤ〜。
ロールバーだけで40キロ、50キロも重量が増えるのは私は好ましくありません。
又、強度を上げるため斜行バーを何本も追加しないといけないし、パイプ長が長いほど強度も落ちます。
私は軽く済むサブフレームとガセットBOX溶接を多用して補強を行いました。こちらの方が強度も確実に上がります。
ただ、手間はかな〜り掛かりますので根気又はお暇な方しかお勧めできませんが・・・・・。
後、クラッシュの度合いではボディは「サヨウナラ」です。(まあ、補強が入っていればみんな同じですが・・・・・)
ちなみにロールバーはアルミ製極太で製作予定です。
10点式ぐらいを製作しても10キロ少しで済むので軽い〜。やっぱりNAは軽いのが一番。特に86はね。目標重量は750キロ。
まあ、無理だろうな。最低でも770キロ以下を目指します。

今回はここら辺りで「さようなら〜!!Vol.9でお会いしましょう!!」

では以下画像をお楽しみ下さい!?
前ページ 次ページ

トップページ ストーリートップ

inserted by FC2 system